正岡子規の「葬儀」【歴史から見る生前整理】

最近は、葬儀の多様化とともに、葬儀社に「生前見積」をしに行ったり、自分が生きているうちに「生前葬」を行うなど、自分の葬儀のことを考える人が増えています。
葬儀について希望を残すことは、大事な自分の意思表示となります。
正岡子規のように、自分の葬儀をどのようにしたいのか、一度考えてみてはいかがでしょうか?

記事はこちら⇩

伝えることの大切さ。本多重次の「日本一短い手紙」【歴史から見る生前整理】

『生前整理』においても、自分の思いを伝えるために、何かに書いて残しておくことはとても大切なことです。
ただ、思いを残すにしても、「何を書いたらいいのか、うまくまとめられない」ということもあると思います。
そんなときは、本多重次にならって、
まずは短く簡潔に書いてみるのはいかがでしょうか?

記事はこちら⇩

藤堂高虎の「虎の恩返し」【歴史から見る生前整理】

恩返しをする時には、何かしら大きな形にして恩返しをしたいと望んでいる人もいると思います。
もちろんそれができれば本望です。
ただ、事情が許せば、形の大小に関わらず、少しでも早く恩返しを実行することも大切だと思います。
心がこもっていれば、その思いは必ず相手に通じるはずです。
また、「あの時、やっておけばよかった」と後悔するようなことが起きないとも限りません。
元気なうちに、できるうちにやることが一番!
これも大事な『生前整理』です。

記事はこちら⇩

上杉謙信の思いは誰にもわからず……【歴史から見る生前整理】

「後のことは誰かが何とかしてくれるだろう」と思っている人が多く見受けられます。
しかし、自分が思っている以上に、自分の死は周りに大きな影響を与えます。
しかもその時は、まったく思いもしなかった時に突然やって来ることがあります。
自分のためにも、周りの大事な人のためにも、
自分の思いは元気なうちに必ず残しておきましょう。
これも大事な『生前整理』です。

記事はこちら⇩

毛利元就も生前整理を実践!?「三子教訓状」【歴史から見る生前整理】

日本人はよく、「言わなくてもわかるだろう」と言いがちですが、
やっぱり大事なことは言葉にしなければ相手に伝わりませんし、わかってもらえません。
直接言ってもよし、ノートなどに書いてもよし。
必ず言葉にして伝えましょう。
これも大事な『生前整理』です。

記事はこちら⇩

相続準備や実家のお片づけなどの『生前整理』に関する無料相談を受付中です。

チラシのリンクはこちら

弊社は、福岡県内で唯一の『生前整理』専門の相談窓口です。
相続準備や実家のお片づけなどの『生前整理』のお悩みは
プロの専門家である【生前整理診断士】がスッキリ解決いたします!

無料相談受付中です。
出張相談もしております。
<年中無休>お気軽にご相談ください。
電話:092-932-3513
メール:info@gkkibun.com

いざという時の「生命保険契約照会制度」【今から始めよう!生前整理】

生命保険契約の有無自体を把握していなければ、例え自分が受取人に指定してあったとしても、保険金の請求手続きをしないままという状態になってしまいます。

そのような問題を解決するため、
2021年7月から、「生命保険契約照会制度」が始まりました。
これは、生命保険協会に照会することで、協会が生命保険各社にその生命保険契約の有無を調べてくれるという制度です。

記事はこちら⇩

環境に良いお片づけにつながるたくさんの「R」【今から始めよう!生前整理】

「R」に取り組んだ環境に良いお片づけをしてみてはいかがでしょうか?
単に「捨てる」お片づけではなく、可能な限り「生かす」お片づけをすることができます。

ただ捨てるだけのお片づけは面倒なだけかもしれませんが、
生かすための方法を色々と考えて試してみるなどして、自分が望むお片づけを楽しんでみてはいかがでしょうか?

記事はこちら⇩

知っておきたい「健康寿命」【今から始めよう!生前整理】

昨年末、厚生労働省が日本人の最新(令和元年値)の「健康寿命」を発表しました。
 
もちろん、健康寿命が伸びることは良いことです。
ただ、健康寿命と平均寿命の差から考えると、
男性だと約9年、女性だと約13年もの長い間、
何かしら病気を抱えたり、介護されるなどして、健康的に自立した日常生活を送ることができない期間を過ごす可能性があるということになります。
 
いざという時になってからだと、できることには限りがあります。
ただ、早いうち、元気なうちからであれば、より多くのことをしていくことができます。
 

記事はこちら⇩